Aoi

ふりかえる

 

 

 

 

 

 

とてもたくさんのことがありました。

少し落ち着いたので、時系列で振り返ってゆきます。

 

 

 

 

8月1日 2日

「黒猫の詩」のレコーディング以来の東京。

 

 

 

吉祥寺 曼荼羅さんへ。

 

何度おじゃましても、

あの洞窟のような空間へおりていく瞬間はいつもドキドキします。

街の喧騒から扉一枚隔てただけなのに、別世界のようなのです。

 

普段、話すことがあまり得意ではない私ですが、

あの空間にいると何故だか胸のつっかえなしで、話せてしまう。

不思議であったかい異空間です。

 

 

 

 

 

翌日は、お久しぶりに鈴ん小屋さんへ。

 

この日は、

はじめましての方との出会いがたくさんありました。

とても楽しかったです。

 

フランスからの中継(?)ライブもあり、晴れ渡った異国の青空の下、

歌って踊っている人たちのしあわせそうな笑顔を見ていて

なんだか、その場所で自分も歌っているような気持ちになりました。

「I wanna」や「黒猫の詩」を歌いました。

 

 

 

 

 

 

 

8月6日

りんご音楽祭「RINGOOO A GO-GO」の最終ライブで、

KDハポンさんへ。

 

びっくりするくらいたくさんの人が集結した、熱のこもった熱い夜でした。

しあわせ、とか、かなしい、とかの想いって普通は目には見えないものだけど、

音楽って容易にそれを伝達させていく。

 

薄ピンクやクリーム色、パステル色の感情を、歌いました。

帰り道、薄雲の向こう側の月に、光りの輪っかが。

月暈だったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

8月10日

吹上の鑪ら場さんへ。

 

いつも素敵な演者さんが集まる鑪ら場さん。

 

この日は、「黒猫の詩」に収録されている歌を…と思っていましたが、

他の演者さんの柔らかくてあったかい演奏を聴いているうちに

心がそわそわとしてきて青い歌が歌いたくなり、

 

ここしばらく歌っていなかった「About Love」などを中心に歌いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お越しくださったみなさま、

聴いてくださったみなさま、

ありがとうございました!

 

 

 

熱した鉄球を投げ続けるのではなく

音と人の中を、すいすいと泳いでいたいと思いました。

 

 

人とのご縁の中でしか気付けないこと、

見つけられないもの、に出会えた日々でした。

ひとりで突っ張っていても

いつかポキッと折れてしまいます。

目から鱗で、今、若干世界が眩しいです。

 

 

 

 

そして、

 

9月23日 24日に長野県松本で開催される

「りんご音楽祭」への出演が決まりました!

 

この瞬間、この季節、この時間は一度きり。

とり零してしまわないよう

ひとつひとつ大切にしてゆきたいです。

 

 

みなさま、ぜひ遊びにきてください。

 

 

 

 

 

碧みき

広告を非表示にする