Aoi

向き合うこと

 

 

 

久々の病院。
細胞が、冬に向かうのを全力で嫌がっているのかな。毎年この時期はいつも、なにかしらの体と心の不一致がおきて、体がブレーキをかけたがる気がする。
小さい子供が床に転がって、思うままに手足を突っ張ってジタバタさせて、ヤダヤダヤダ!と駄々をこねているような。

呼吸すらままならないと、慣れているとはいえこのまま息ができなくなるのではと、体の全てで身構えてしまう。

 

 

点滴が落ちるのを待つ時間、あれやこれやと思いをめぐらす。自分への失望と、ここにいれば大丈夫、という安心とが綯い交ぜになる。


時折ゆれる白いカーテンの向こう側で、顔のみえない誰かの足音、声、息遣いを感じて、少しホッとする。
紗幕の向こう側で、影絵の生き物がゆらゆら揺れている。良かった。夜は特に心もとなくなるから。あまり孤独を持て余すと、余計なことまでグルグル考えてしまう。


こういうとき、つめたくて悲しい気持ちが、ひたひたと、胸の内に押しよせてくる。
そのつめたさで押し潰されそうになるときは、村岡花子さんの歌を何度も心の中で繰り返します。


「まだまだと おもいてすごしおるうちに
はや死のみちへ むかうものなり」


死を覚悟した彼女が、7歳の時に病の床で詠んだ歌。
梨木香歩さんの『不思議な羅針盤』を読んで知って以来、気持ちがふらふらと不安な方へ転げ落ちていきそうになるたび、落ちきってしまう寸前のところで、この歌が、袖をつまんでひっぱるようにして私を引きとめてくれる。

彼女が病気を治したあとに詠んだ歌より、何故だか、この歌の方が胸にしんと染みるのです。


自分ではどうすることもできない悲しいことや辛いことを目の前にすると、「大丈夫」って強がるよりも、そのつめたくて圧倒的な真っ黒い感情にいっそ身を任せてしまった方が楽なのでは、と思えるときがある。

けれどこの歌は、その渦中にいながら、強がるのでなく、悲嘆に暮れるのでなく、ただ淡々とそのことと向き合っているような、ある種の清々しさのようなものを感じるのです。

 


その清々しさが、私はうらやましいのかもしれない。

 

そんなふうに、向き合えたら。

向き合えるようになりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

静かなところ

 

 

 

 

 

新宿御苑の水辺の写真、
水面が鏡みたいだったので

上下をひっくり返してみました。

 

 

 

f:id:AoiAoi:20170917005148j:image

 

 

 


その場にいた時はあまりわからなかった。
こんなに凪いでたんだ。

 

 

 

 f:id:AoiAoi:20170917005206j:image

 

 

 

水面の世界に、爪先から入っていけそう。
きっと、静かなところなんだろうな

 

 

 

f:id:AoiAoi:20170917005217j:image 

 

 

 

 

広告を非表示にする

凪ぐ

 

 

 

霧雨降る中の新宿御苑

東京で空いた時間は、
いつもここにいる気がする。

 

 

f:id:AoiAoi:20170915214458j:image

 

 

雨が途中で霧になって、
遠くが白く霞んで幻想的でした。

じっと立っていると頭の中がシンとなります。

 

 

 

f:id:AoiAoi:20170915214519j:image

 

 

ここの温室には、はじめて入りました。


凪いだ水面は鏡みたいで、
花が空中に浮いているみたいでした。

 

 

 

f:id:AoiAoi:20170915214539j:image

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ふりかえる

 

 

 

 

 

 

とてもたくさんのことがありました。

少し落ち着いたので、時系列で振り返ってゆきます。

 

 

 

 

8月1日 2日

「黒猫の詩」のレコーディング以来の東京。

 

 

 

吉祥寺 曼荼羅さんへ。

 

何度おじゃましても、

あの洞窟のような空間へおりていく瞬間はいつもドキドキします。

街の喧騒から扉一枚隔てただけなのに、別世界のようなのです。

 

普段、話すことがあまり得意ではない私ですが、

あの空間にいると何故だか胸のつっかえなしで、話せてしまう。

不思議であったかい異空間です。

 

 

 

 

 

翌日は、お久しぶりに鈴ん小屋さんへ。

 

この日は、

はじめましての方との出会いがたくさんありました。

とても楽しかったです。

 

フランスからの中継(?)ライブもあり、晴れ渡った異国の青空の下、

歌って踊っている人たちのしあわせそうな笑顔を見ていて

なんだか、その場所で自分も歌っているような気持ちになりました。

「I wanna」や「黒猫の詩」を歌いました。

 

 

 

 

 

 

 

8月6日

りんご音楽祭「RINGOOO A GO-GO」の最終ライブで、

KDハポンさんへ。

 

びっくりするくらいたくさんの人が集結した、熱のこもった熱い夜でした。

しあわせ、とか、かなしい、とかの想いって普通は目には見えないものだけど、

音楽って容易にそれを伝達させていく。

 

薄ピンクやクリーム色、パステル色の感情を、歌いました。

帰り道、薄雲の向こう側の月に、光りの輪っかが。

月暈だったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

8月10日

吹上の鑪ら場さんへ。

 

いつも素敵な演者さんが集まる鑪ら場さん。

 

この日は、「黒猫の詩」に収録されている歌を…と思っていましたが、

他の演者さんの柔らかくてあったかい演奏を聴いているうちに

心がそわそわとしてきて青い歌が歌いたくなり、

 

ここしばらく歌っていなかった「About Love」などを中心に歌いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お越しくださったみなさま、

聴いてくださったみなさま、

ありがとうございました!

 

 

 

熱した鉄球を投げ続けるのではなく

音と人の中を、すいすいと泳いでいたいと思いました。

 

 

人とのご縁の中でしか気付けないこと、

見つけられないもの、に出会えた日々でした。

ひとりで突っ張っていても

いつかポキッと折れてしまいます。

目から鱗で、今、若干世界が眩しいです。

 

 

 

 

そして、

 

9月23日 24日に長野県松本で開催される

「りんご音楽祭」への出演が決まりました!

 

この瞬間、この季節、この時間は一度きり。

とり零してしまわないよう

ひとつひとつ大切にしてゆきたいです。

 

 

みなさま、ぜひ遊びにきてください。

 

 

 

 

 

碧みき

広告を非表示にする

くろねこ

 

 

f:id:AoiAoi:20170605022255j:image

 

 

ジャケット写真に使った
「黒猫の詩」の黒猫のお面。


友達の画家さんにつくり方の手順を教えてもらって
自分で作ってみたのです。

 

f:id:AoiAoi:20170605022319j:image

 


真夜中に、
手を、糊と和紙と紙粘土でべたべたにしながら
無心で手を動かしていると、
不思議と落ち着く。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

夜に爪をたてる

 

 

首に、牡丹みたいなじんましん。
いっぱいいっぱいになると、いつもでる。
熱も、でる。
これは良くない。

彼方へ落っこちないように

爪をたてる。

 

 

 


大丈夫。ひとりじゃない。
一歩ずつ、一歩ずつ頑張ろう

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ぐるりのこと

 

 

部屋の一番暗くて狭いところで
手足を縮めて
誰にも届かない歌を歌ってた。
自分のためだけに。

  

 

同じ痛みを歌ってくれているひとは、
どれだけ探してもみつけられなかったから、
自分で歌うしかなかった。

 


だれにも聞こえない小さな音で、
すがりついたギターを爪弾いて、
真っ暗な夜の中で歌ってた。

 

 

 

今は、随分、変わったね。
私の本質は、何も変わっていないけど。
ぐるりの景色が変わったよ。

 

 

 

f:id:AoiAoi:20170521234858j:image

 

広告を非表示にする